2016年1月26日火曜日

脳はかかとにあって、腸さえ脳さえなくなって・・・

私はかなり変な人になってしまった。

そう、このブログはかなり変な事を

書いてしまうでしょう。


昨日の発見”脳はかかとにある”を

確かめるべく今朝のワーク。


ワークといっても

お風呂に入りながら

気づくと2時間弱。


お風呂は

ポジションとして最適なの。


それで、

やっぱり”脳はかかと”だなあ、と実感する。


で”脳はかかと”で

身体を整えると

カラダは我が息子ちゃんのように

限りなくスレンダーになり

重さがなくなる。


お尻はものすごく小さく

今までは何だったんだと思う。


そしてお腹がスコーンとからっぽになる。


うん?

これだと腸なんか、内臓なんか、胃なんか

ないみたい・・・


でも腸が脳だって言ってる人いるよな・・・

それはなんなんだ・・・


そうして気づいた。


大体、腸はこういう役割で

脳はこういう役割で

ここにあります、

何て言ってるのも

いまの科学の範囲で

その思い込みの中

実証されているにすぎない。


私の今の身体の感覚だと

腎臓とか、肝臓とか

いわゆる骨格の中にある、

とされているものが

まったくない、感じ。


で身体はとっても心地いい。


でも、内臓は確かに身体の中にある。

それは解剖で実証されるてる・・・


じゃ、いま、私が存在を感じない

”腸”は?頭蓋骨の中の”脳”って何?

と次々疑問が沸き起こってきた。


でね、おもったの。

腸ってね。

その表面積は300平方メートルとか、

なんかどっかで地球一周とかきいたことが

あるのだけれど、

とにかくそれは地球じゃないかって思うのです。


とか、地球上の最初の生き物は

ミミズに代表されるように、

腸だけあった、とか、

だから私達はカラダにミミズをもってる、

ともいえるのではないか・・・と


それを誰かが”腸”って名付けたから

”腸”と思ってるし

”腸”は、物を消化する場所、

うんこに変える場所です。

といったから、

そうおもってるだけで、

もしも、私がアインシュタインで

私達人間は

身体の中にミミズと地球を持っています。

それはお腹の中にあります。


と、そういったら

みんなそうおもうんじゃないかな

なんて思ってしまったのです。


そうやって考えていくと

眼球は眼球ではなく

太陽でもあるし、惑星でもある、気がする。

だから、

私達が目とよんでいるものは

実は、太陽が身体の中に入ったものです。

とか、

お空の星が目に入ったのです。

といったほうが

私にとっては

リアリティがあるし、

ほんとにそう思えて来てしまったのです。


で、今脳といわれているものも

私達人間は

頭がい骨に神様の知恵をおさめました。

それが”脳”です。

といった方が、私には納得できるし

そう思えてきた今日なのでした。


でもね、そんな風に思うと

人間て、なんてすごいんだ、って

思えて来るよね。



私の中に太陽が入り込み目となりました。
私の頭蓋骨の中に神様が入って脳となりました。
私のお腹の中には、ミミズがすんでいます。
だから、私は私のようで私でなく私はからっぽ。
だって、今という瞬間はすぐに消えてしまうから.....




























なんか、内臓について語るなんて

あほらしくなってくる。


なんていうのかな、

その脳も、眼球も、腸もね

”かかとが脳”って

カラダにするとね。

みんな境界線がなくて

すこすこなの。


だから、もっというyと、

それらは、

あの星とあのミミズとつながってますよ。

それは特別なことじゃないから

普段は忘れてていいんですよ。


だって、あなたはわたしで

わたしはあなた。

あなたは一つの地球で

私は一つの地球だから

みんなひとつなんですよ、


って、カラダでそう感じてしまうの。


それを、

その存在をしり、

名前を付け

そこにあることを認めてしまった。


そこに

”重さ”が生まれ、

なんか人類を

どんどん重くしてしまってるんじゃないのかな。


だって、死ぬときは死ぬし

そんなことどうでもいい気がするの。


それより、

もっと大事なことがある、と思うのです。


大事な事は、

そのことについて

知ろうとすることさえ余計で


ただ、どうやって

みんな幸せになるか、

あなたがわたしで

わたしがあなたなら。

どうやって、

ミミズも、地球も、わたしも、あなたも

クラゲも、犬も、あの花も、この山も

しあわせになるか、って

できるのは

神様を頭の中にもっている

”人間”だけではないか、と思うのです。


ちなみに

”おへそ”がとっても大事でね。


みんな”おへそ”でつながってる、

って思うの。


でね、おへそを立たせてるのは

人間だけなんだよね


哺乳類はね

おへそが下向いている。


だから、

存在として

そのすべてが神様とともにあり、

それぞれの身体能力に

神様のごとくの、

何かを持っている。


私達人間は

神様とおへそのつながりをなくし

尾てい骨をさげ、

戦うことに降参して

前歯を自分のうちにおさめ

奪い取る事をやめ

その代わりに

感情の宇宙を胸骨の中に持ち、

神さまを頭蓋骨の中におさめた、

と、私は思います。


そして身体能力的に

自分で獲得しなければ

成長できない、

というミッションを持ったのです。


ほんま

努力するために

生まれてきたみたい。

人間って・・・。


だから

やっぱ努力しないと

いけないのです。


自分の声に従って・・・



なのであせらず、あわてずゆっくりと
ワタシの道を歩みましょうかね。























はあ~、

ものすごく深くて

常識外れの考え方ですが

これ、

合ってると思います。


さあさあ、

そんなここんなで

1月31日 14:30~17:30

逗子アリーナにて

”正座の奥義と骨の歪みと生き方改善”

というワークショップやります。

体験参加費 5千円


お時間のある方はぜひ!!


このWSすごいことになりそう


お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

です。

よかったらどうぞ・・・




PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

”PHYSICAL METHOD FOR BEING"


0 件のコメント: