2016年3月27日日曜日

具現化するために、一瞬一瞬に戦いがある・・・。

年明けからかかっていたHPがもうすぐ完成する。

私の時計はそこでとまっている。

毎日、真夜中まで冷たいマウスを触り、

カラダが冷え冷えとする中、

なんとかワークで整える。


すると、さまざまなことがみえてくる。


今、カラダは画期的に変わってしまい、

背骨の一本一本まで

どうなっているか扱える。


カラダの前側は、

この雑多な日常から

様々なことを受け取り

よじれ、ちぢみ、

すきあらばどこかに逃げ出そうとしている。

(なんといっても、我が家には中1の息子ちゃんがいる)


そこをワークで整える。

また、お客様もいらしてくださる。


先日のブログでもお伝えしたけれど、

ほとんどのお客様のテーマは

自分の理想の世界に生きようとしていて

今、ここにいない。


そうして、私自身のカラダも

ねがわくば、今、ここ、

脱ぎっぱなしの靴下、

さあ、今から仕事、とおもうと

ママ~~、あれ、どこ?これ。どこ?

はては、睡眠時間?時間の私に

マッサージしろ・・・といわれる

現実からにげだし、

カラダや、歌のことだけに集中していたい。


何といっても、

現実に目で見える世界は

どうでもいいようで

どうでもよくさせてくれない

刺激と比較と自己主張と誘惑だらけで、

まともに受け取っていたら、

一歩も動けなくってしまいそうなものに満ち溢れている。


シュタイナーの著書で

人間が全部の感覚を開いたら

嫌悪感で生きてはいけない、

というようなことが書かれていた気がする。

だから、ある感覚を眠らせる、と。

今、ここにきて

本当にそうだと思う。


だからこそ、自分の生活自体をシフトチェンジして

シンプルな生活を目指す人もたくさんいる。


断捨離は、その一つのあらわれだと思う。

自分もそうしたい誘惑にかられながら、

いやいや、一番捨てたいのは

人間関係だと思う。

一番わずらわしく、

めんどくさく

無理難題を持ちこんでくる人間関係。

パチンとはさみできることができたら

どんなにラクだろう・・・


でも、そこをきらずして、

共に光ある道が、ここにさしこんで

共に歩めるよう、

または自然と違う道が選べるよう

ひたすら、自分の中を整え天命を待つ。


弱くて偽善的で、

中途半端に優しく

お人好しで

めんどくさがりやで

決断力のない私は

それしかできない。


でも、それも私の一部だと思う。

そこになにか、

私の人生の秘密が隠されている気がする。



そんなことを思いながら

息子ちゃんの壊れた携帯を直しに行く車中

暗くなっていく街並みをみながら

そうか…と、気づいた。


ここが勝負のしどころなんだ・・・


多くの人がこの雑多な現実から、

無意識ににげだそうとする。



だけど、自分の具現化したいものは、

今、ここに具現化しなくちゃ

意味がない。


そして、それはどこにもあらわれていない。


だけど、

この一瞬一瞬

ここから逃げず、

自分の夢、というか

具現化したい現実を持ちこみ続ける


そこに”ものすごくパワーがいるんだ”


逆に言うと、何かを具現化するのは

そんなにむずかしいことでじゃないんだ。

とわかる。


一瞬一瞬、

この現実から目をそらさず、

自分の具現化したいものを具現化していく


蓮の花のごとく

泥の中に咲く花のように・・・


その時の具現化したいものにも

具現化している状態、というのにも

身体の位置がある。


そのことを明確に

つかんでいることが大切だ。


だから、車を運転しながらも

瞬時にそのことが持ちこめる。


それを自分自身で感じ取れ

明確にしていっているのが私のワークだ。


ワークを体験してくださった

多くの方は

今、私が伝えたいことを

すぐわかってくださると思う。


体験してらっしゃらない方には

よくわからいかもしれないし

わかる、わかる、と思ってくださっても

多くは、違っていると思う。


そこにくいこみ、お伝えしようとするなら

みなさんが、才能、とか

性格、とか、精神性、とか

思われているものひとつひとつに

明確な骨格の位置があり、

自分の精神を

今すぐそこにかえしていける

確かな位置と呼吸の仕方があるのです。


そこではない場所で

いくらそれをやっても

それは少しずれていく。


どこかに、

こんなままじゃ、とか、あとでやろう・・・とか

どうせ・・・・とか、の考えが混じる。

なぜって、

そう思っている身体の位置のまま

具現化を夢見るからだ。


また、何らかの要因で人間の底力で

純粋に三位一体、

思い、考え、カラダがすべて整い、

信じられない力を発揮することがある。

その力は誰でも持っている。


話はそれるけれど

だから、私なんか…といってられるのは

余裕がある、言い換えれば、

幸せのあらわれだ、ともいえる。


でも、それは

なかなか日常ででは扱えない。

その扱えないものを精神力で扱おう、

としているのが、

今の自己啓発系だったり

スピリチュアル系だったり、

または、あれがいいんだって、

これがいいんだって、のグッズ系だったり

するのだと思う。


だから、それらに終わりはない。

次々と新しいものが生み出され

ある一定期間のブームのように

去っていき、

また新しいものを求める。

さらにそこを超えて

信じようとすると、

すごい精神論や、宇宙論がはじまり

ひとつひとつややこしくなり

極論ですが宗教にいったりするのではないか?

と私は感じている。


するとやっぱり少しぶれる。

言っている事は正しいけれど・・・

というやつだとおもう。

その時もやっぱり、

そのことを理想の自分に返しているのか

現実の自分に返しているのか、

カラダの位置として、明確な違いがあり

カラダの位置。使い方に現れている。


多くの人は、もう答えは知っている。


なのに、この世界は、または、

その人自身を取り巻く環境、何かは

いっこうにかわらない・・・としたら、

それは、

その人自身が変えたい何かを

(もしも変えたい、とすれば)

この世界にはおいていない、

どこかで”逃げ”がある、と私は思う。


そう、何かがうまくいかない時は

明確な理由があるのだ・

その理由を

心の問題で解決することも

精神論で解決することもできるのだけど、

その心の問題、精神の問題を

カラダの位置としての

具体性にもちこんだのが

このMETHOD。


各パーツの位置使い方

カラダだと、骨の位置や使い方、

そこが、そうなるために、

ちょっと、ここをこうすれば

他の有り様がすべて変わってしまい

そうなるしかない、みたいな。


だから、私のワークに来てくださった方は

すぐに声が変わる。

発声練習なんて必要ない・

骨の位置を変えるだけで

さまざまなつまりがなくなり

深いところから

その人そのものの

安心感に満ち溢れた声が出てくる


そこには、何のテンションもいらない。

精神論もいらない。

ただ、その声そのものに

その心とその精神が現れている。


だから、いつでも、どこでも

そうなれる。

沢山のおかねと労力を使って

はるかかなたの聖地にいかなくても。

スピリチュアルや聖地とは程遠い

一瞬にして餓鬼にも畜生にも

仏にも菩薩にもなれるこの現実で

そうなれる。


そうおもうと、このMETHODは

ほんとに仏教に近いんだな・・・


なぜか?

それは、カラダの位置として

具体化し明確に落とし込む方んでいるからだ。


くどいようだけど、

そのカラダの位置は

カラダの位置を

カラダの位置だけで、とらえただけでは

いい位置に入らない。


思考を使い、心を使い、感覚を使い、

ブレのない思考

ぶれのいないココロ

自由自在に扱える感覚がないと、

そうならないのだ。


それまで作ったのが

どこにもない私のワークだ。


そのワークで、

皆さんが10年かかっても

解決できないところを

一瞬にして解決していく。


そうして、1か月ほどまれ、

共にヴィーナスラインエロスワークを

作りだしている”えるぅか”さんが

こんなふうに言ってくださった。


結実子さんにずっと言われてて

わかてたつもりだったけど、

わかってみると、

はっきりと前とは違う。

そこがわかるまでは、

わかってないこともわからなかった・・・って


そうなのです。

わかってみてはじめて、

わかってなかった、ことがわかり

わかるまでは

わかってなかったことすらわからない、

それが

わかる、という事。


ね、おもしろいでしょ。


そういうものがこの世界の存在するんだよね。


そして、こんなことかいている私にだって

まだまだ

わかるまで、分かってないことがあり、

今がある。


そうしてカラダの事が

わかればわかるほど

私の具現化したいものは

緻密さを持ち

発想豊かで

様々なテイストを持ちこめるようになっている。

それがクオリテイを上げることなんだとお思う。


そう、具現化するためにの

一瞬一瞬の戦いに

打ち勝つのは

テンションでも

波動でも

エネルギーでもなく


そんな事思わなくても

そのカラダで、

そう思う時

勝手に波動やエネルギーが生まれ

流れ

それ以上でも

それ以下でもない、そのもの。


ね、身体の位置の大切さ、伝わったかしら。


さいごに、あのね

カラダの事はね、

特にこのMETHODはね、

とにかく楽しいの。


できないことが

できるようになるって、

楽しいでしょ。


さ、そんなこんな全てを持ちこんで

”美”にむけて

ビーナスラインエロスワーク

4月10日開催しますよ。


養成講座も、まだ若干名募集中。




うん?

こんなことを書きながら

休憩するたびの

マイワークで

私の歪みのもと、

ネックとなっていた場所が

開いてしまった・・・・。


これで、背中の筋肉の流れ、足の裏、

足の甲、おなか、身体の前側


そう、皮膚という皮膚の全部のよじれがなくなった・・・


すごい・・。


そうしながら、

私の基礎ポジションはどんどんかわっていく

基礎ポジションが変わるたび

カラダはびっくりするくらい柔らかくなり

歌や声はどんどんうまくなっている。


基礎ポジションを変えるとは

そういうことなのです。


PHYSICALはMENTALを作り

MENTALがPHYSICALを作る

”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com