2016年5月7日土曜日

原生動物になって、頭蓋骨の中にすべてがあった・・・


















全ては満たされている。


いろんなことができる。

計算もできる。




人とおしゃべりもできる

旅行にだって行ける。

お料理もできる。

人ができないことだってできたりする。

ほしいものは、

少し頑張れば手に入る・・・


何不自由ないはずなのに


世界中で、もっと困っている人

こんなくらしさえ、できない人は

山ほどいるのに・・


全ては満たされている


わかっている、わかっているのに

心が困ってるよ~という方の為に・・・




身体探索をしていると、

自然とどんどん進化の過程を逆行しているように思う。


そうしてカラダの形が変わり

感じ方が変わり、

筋トレとかヨガとかが、

あほらしくなるくらい

カラダは小さく折りたたまり、

それを邪魔していた考え、思考、言葉が消え

生きている意味が変わり、

その一瞬一瞬が

物事の根源に近づき、

できなかったこと、

わからなかったことがわかり、

それが面白くて仕方がない。


どこまでいっても、

新しい輝きに満ち溢れた扉がまっていて

どこまでいっても

自分は不完全な小さな自分のままで

その扉の向こうを楽しみにしながら

できないことを笑いながら

身体を使ってチャレンジしていく。


だって、一生懸命やって”できない”

これほど滑稽で笑える事はない。


気持ちはできているのに

カラダができていない。


その自分が、お腹を抱えるほどおかしい。


そんなことが許される場所

笑いあえる仲間がいることの幸せ。


もう、それだけで、今日は完璧だ。


そうしながら、

この世界で唯一無二の私になるために、

私は私の大事なものを掘りあてていく


この頃の私は、

背骨の形がはっきりと変わっていて

背骨の何番かはわからないが、

気になって仕方がない場所が明確にある。


そこが開くと、

カラダ全てのよじれが

ほどけていく。


おもしろいくらいに

ほどけほどけ、

きづくと、

自分が原生動物になってしまった気がする。


立ちあがる意味さえ見つからない。


口の中の感覚

つまり

触角の原点

この世界と初めて触れる

生の場所


そこだけで生きれる。

「原生動物」の画像検索結果


すべてのものを私は捕まえる。

捕まえないものは存在しない。

捕まえたものだけが存在している。

捕まえたものが私の中にはいってきて

それを頼りに私は進む。


進むのは前でも後ろでもなく、

ただこの世界を、

私の時間で進む。























なぜ、そこで人類は立ちあがったのだろう。

こんなに幸せなのに

なぜ、立ちあがるひつようがあったのだろう、


だって、前も後ろも、上の下、もない

ただの丸い世界、

だから、どこにもいけるのだ・

なんの力もいらない。


ただ、求める気持ち、だけがあればいい。


だけど、この世界には他者がいない。


すべては、私の中で起こり、

私が中心で私がすべてだ。


あたたかで、赤ピンクの世界の中で

何も見えず、何もわからず、

ただ生きているだけの私。


めちゃ気持ちがいい。


この状態を立っていても

歩いてもできる。


でも、この世界に対して

自分を立ち上げる、という感覚は

まったくない。


なぜなんだろう、

なぜ、なぜ、なぜ?

人は立ち上がたんだろう・・・


だから、がんばって

立ちあがろう、と思ってみた。


グット足の裏に力を入れ

立ちたい、立ちたい、立ちたい


そして世界と私は分離した。

いえいえ、世界が、できた。

私じゃない世界が・・・

いえいえ、内と外が・・・できた。


すると、うん?

脳の中にすべてがあった。

今までさんざん脳のことはやってきた。

が、今までとまったくちがう感覚。


脳、というか、頭蓋骨の中に

私のカラダのすべてがある。


これで身体を扱える。

そう思った、


すると、もう痩せるどころの話ではなく、

全てが変わり上記に書いた

カラダとなる。


どんどんなる。

やってもやっても

毎回、新たな筋肉の流れをみつける。


そうしてはっきりとわかる。

筋肉の流れを作るのは思考だと。


今、この世界にある思考、考えが

どんなに、いいもの、であろうと、

自分に向かわない、思考、考えは

すべてカラダの邪魔をする。


逆に言うと、

どんな悪い考え、思考、でも

自分に向かわせれば、

私達のカラダはそれを、

よきものに変える力がある。


そんなワークをしていると、

もう成功したい、とか、

ひとに認めてもらいたい、とか、

あらゆる”生きる目的”は無意味になる。


成功したところで、たかが知れてる。

認めてもらったって、たかが知れてる。


だって、この果てしない時間の流れの中

そんなものは、チリとなって消えてしまう。


どこまでいっても、

私は私の世界を生きたにすぎず、

全ては消える。

この私の魂ですら、

そのすべてを忘れてしまう。


忘れてしまうけれど、

私の体験は、

こうやって私が身体を探れば探るほど、

人間の進化の過程を追体験するように

からだのきおくに刻まれる。


意識は忘れても

カラダには刻まれている。


カラダには刻まれているけど、

それは、どこまでいっても、

”私の世界”におこったことで、

私の主観の域を出ない。

それは

どこまでいっても私の”妄想”

”妄想”がいやならば

私の”夢”でしかない。


なんてはかないんだろう・・・


こんなに現実だと思っている事が

全ては”無”となり、

あったことすらなくなってしまう

”妄想”でしかないなんて・・・


だけど、

たったひとつ”妄想”でなくなる方法がある。

”無”でなくなる方法がある。


それは、ひとの記憶に残ること

または、

何か”存在”するものに

自分を置きかえること。


そう、何かの形で

外の世界に自分を置くこと。


どんな記憶でも、

誰かとかかわった時間は

どんなものでも、

この世界に存在するものは

誰かと出会い、

その人の記憶に残る。


それは、自分以外の世界で

自分が”生きる”こと。


そう、そうしか自分は生きたことにならない。


だって、どんなに豊かに生き生きと

自分の世界を生きたところで

それだけでは

ただ消えてしまうのだから。

自分の存在そのものが・・・。



だから、人は成功を願ったり、

認められたい、と思うんじゃないだろうか?


最初に書いた

”心が困ってる人”は、

それが困ってるんじゃないだろうか?


とりあえず、

とりあえず生きてる。


でも、どこにも

自分を置いていない。


置いたとしても、

とりあえず、とりあえずの

自分の一部。

だって、できること

わかったことなんて

おもしろくない。


この世界で唯一無二の自分が

この世界の唯一無二の存在として

人の記憶に残らないなんて

何かがおかしい。


何かがおかしいけど、

それが現実。


ただの出来る人

ただのうるさい人

ただの優しい人

ただの冷たい人

ただの変な人

ただの真面目な人


どれもどれも、ぜ~んぶ違う。


だって、この”私”という存在が

どんな言葉にも収まるはずがない。


私は、もっとすごいんだから!!


これが本音じゃないだろうか


だから、私達は立ちあがったんじゃないだろうか


自分の存在のあかし、として

この世界のどこかに

自分の生きた形跡を残していくために・・・。


”心が困ってる人”も、同じじゃないかな。


さ。まずは認識かをし、

さあ、そこから何が始まるか。


このブログの前で楽しみにしています

そして何事も練習が必要。


カラダの事をやれなやるほど

回り道はなくなります。

もちろん、

あなたが本当に望んでいるものは何なのか

あなたが何をやるべき人なのか

あなたの”喜び”はなんなのか

カラダが教えてくれます。


美しくなりたい方は、ヴィーナスラインエロスワーク

5月8日ありますよ。


自分が何をすべきか、または

カラダのプロを愛ず方は 養成講座


その他プライベートセッションは随時受け付けています

詳しくはPHYSICAL METHOD  FOR BEING 

ホームページをご覧ください。


最後に、これかわいいの。


あなたは、進化の途中のどのへんなのかしら?

私?私はここはすぎたよ。



ね、私達、ともに人間になろうよ。

18


PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る

”PHYSICAL METHOD FOR BEING"

お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com