2016年8月29日月曜日

”I.m butterfly of my own"~基礎ポジションからの変容~お客様の感想

”I.m butterfly of my ow~基礎ポジションからの変容~

 お客様のご感想

昨日の

”I.m butterfly of my own"

~基礎ポジションからの変容~WS

その参加者さんから, 下記のメッセージ共に

ご感想が届けられました。

日は、私の中で探し続けていたピースが見つかった日でした。
思考や感情に乗っ取られない「自分のカラダ」を初めて感じられ、

深い安心感と悦びにひたひたと抱かれています。






















このメソッドの核を受け取ってくださったのが

伝わります。


以下ご感想です。

よかったら読んで下さいね。



お客さまの感想






































心の仕組み」と「見えない世界の理」を学んできて、

自分に対する拒絶や罪悪感から解放され、

私は私の人生を楽しめるようになった。

はずなのに。

まだ無意識に力が入ってしまう。


自分を表現するのを怖れ、

相手の扱いやすいサイズに

自らを押し込める癖が抜けない。


これはもう、今までなおざりにしてきた

「私という体」に向き合う覚悟を決めなければ…

と思っていた時、結実子さんとご縁がつながった。


「あなたがこの世界とかかわるとき
 
 あなたの身体に何が起こり
 
 どんな風にカラダを使っているか。

 そこにあなたの
 
 この世界に対する考え方があり、
 
 その考えが
 
 身体の位置を決め
 
 身体の使い方が生まれ
 
 それがあなたの次の人生を作り
 
 その人生が次の身体を作っていく。」

(“ミラクル(良久)結実子のミラクル身体探索”より)


「この人は、私の探しているピースを持っている」
 
と感じた私の直感は、正しかった。

それは頭ではなく、体が発した直観だったのだろう。


 結実子さんに導かれながら

自分本来の“基礎ポジション”を探っていくと、

今までの自分の「世界に対する在り方の癖」が

はっきり体感できる。


そしてそういう体の使い方が、

思考や感情によるどんな定義づけから来ているかも解る。


今日の私の最も深い気付きは、

自分の軸を

「柱」ではなく「球体」として

捉えることだった。



「柱」だと思うと、

「ちゃんとしなきゃ」「まっすぐでなきゃ」

と思うから体を張る。

その結果、私の一番の願いである

「自在でありたい」という想いは固められてしまう。


でも「球体の中心点」と思った瞬間、

自分の空間が戻ってきた。

思考や感情に乗っ取られない「カラダ」


初めて感じる。


宇宙を取り込み、そして放出する。

内と外、部分と全体のフラクタル。


「カラダが一瞬で変わる」ミラクルを、

結実子さんは体験させてくださった。

この新しい体感覚と、

これからどんな人生を創っていこうか。

未知の私から生まれてくるものを、

素直に豊かに味わっていきたい。




PHYSICALはMENTALを作り

MENTALがPHYSICALを作る 

”PHYSICAL METHOD FOR BEING" お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com