2016年10月4日火曜日

病名に捉われず症状を改善する  パーキンソン病と診断された方とのワーク

病名に捉われず症状を改善する  ~パーキンソン病と診断された方とのワーク~


今日は、お客様とそのご家族のご厚意により、どこに行っても改善しないココロ、身体、脳の問題をお持ちの方のために

パーキンソン病と診断されている方へのPhysical method for being こと P.M.B.メソッドのアプローチ風景と、このメソッドの考え方をお伝えさせていただきます。

大事なのは基礎ポジション

P.M.B.メソッドは、人にはそれぞれカラダ、ココロ、思考の基礎ポジションがあり、その基礎ポジションを変えることで全てが変わる、と考えています。そのことについて、私なりにわかりやすく言葉にしてみました。どうぞ、その文章とこの動画から、そのことをよみとってくださいね。



P.M.B,養成講座にて身体についての説明図。
養成講座ではこんなふうにミラクル流の
身体の成り立ち、骨格の意味をお話していきます。



一番大切なことは”まる”


まあるいこの世界を自分の内にいれ
まあるい自分を
まあるいこの世界に、さしだすこと

それができれば、カラダ、ココロ、脳、ほとんどの問題は改善すると私は思っています。
まあるい世界
まあるい自分
まあるい身体
まあるい考え
まあるい呼吸

こんな風に並べていくと。
あなたはもう気付いたかしら


そう、
まあるい世界、まあるい自分、まあるい身体、まあるい考え、まあるい呼吸、それはすべてに中心がある、ということを意味しているのです




すべてに中心があるということ 


ひっくり返して考えると、まあるくないということ。
まあるくない、ということは、中心がずれてる、ってことかもしれないし、
どこかに片寄りがあるってことではないでしょうか?

身体的に言えば、使っていないところ
ココロ的に言えば、感じていないところ
脳=思考的に言えば、偏った考えをしている、ってことなのです。

そしてそれらはすべて身体にあらわれ、その通りの身体になり、骨格を歪ませます。


歪んだ身体はゆがんだ息の通り道を作る


あたりまえだけど、歪んだ身体には、歪んだ”息の通り道”ができます。

だから、さらに
まあるいこの世界を自分の内にいれ
まあるい自分を
まあるいこの世界に、さしだすことを難しくします。



 どんな症状のどんな病気でも、片寄っていることから生まれる


そんな呼吸を長年続けていくと、そこに滞りが生まれ、
カラダ、ココロ、脳、=私=私の人生によどみを作り
それがカラダ、ココロ、脳のどれかにあらわれ 病い、または問題となるのです。

だから、どんな症状のどんな病気でも、

”まる”でなく片寄っていることから生まれる」私は思っています。

でも、これは本当なのです。

たいしてかしこくもない、
田舎の漁師町の
隙間風吹きこむ倒れそうな家の魚屋の娘として生まれた
私こと良久結実子が
自身のカラダ探索からみつけた
ものすごくシンプルで簡単なことなのだけど、

ここに全ての宇宙の原理がある、と私は思ってます




すべては”まる”からできいる


だって、ほら、今、私の傍らで我が家のワンちゃんが寝ています。
シュタイナー 濡らし絵 恩師の指導により丸から牛が生まれたよ。。。
そんな風な体験をしながら描いた牛の絵です。 水彩 Yumiko Raku
一匹はお腹を出し
大の字になって寝ています(笑)
もう一匹のワンちゃんは
まあるくなって寝ています。


考えてみれば
猫だって、鳥だって、シカだって
象は・・・違うのかな?
まあるくなって寝るでしょ。


もしも、まあるくならない生き物が
あったとしても、卵の黄身は丸でしょ。だから、どんな複雑な形をしたものだって”まる”からできているのす。


だって”まる”は世界なのですから

この考え抜きにカラダのこと、ココロのこと、思考のことを扱っても

その結果は、やっぱり”まる”くならないんですよね。
〝まる”くないって事はどういう事なのかは、もうお伝えしたでしょう。

だから”まる”くなるしかないんです(笑) おもしろいでしょ。
そして、いま、このブログを読んで下さっているあなたは
もう一度言いますね。


私たち人間は、どこにいても、何をしていても


まあるいこの世界を自分の内にいれ
まあるい自分を
まあるいこの世界にさしだす

ためにあるのです。


だから、例え、いま、何をしていいかも、どうしていいかもわからなくても
この言葉を、何度も何度も自分に言ってあげてください。

そうすれば、それだけであなたの身体、あなたの人生は変わっていきます。

なぜ? それは、この言葉があなたの身体に方向性を与えてくれるからです・
だから今、この事を知ったあなたは、とてもラッキーなのです。

それはほんとなんです。

そしてもっと”まる”くなりたい人に、とっても大切な事をお伝えしますね。


もっと”まる”くなるために、ワタシタチニ必要なことは

もうこれ以上外側の世界に何かを求めることではなく


カラダノ”内宇宙”ヲ、ヒロゲルコトナノデス。



私が構築した、”脳と身体と意識のワーク” Physical method for beingは、
どのワークでもどんなワークでも、この ”まあるいこの世界を自分の内にいれ、まあるい自分を
まあるいこの世界に、さしだせるよう、導いていくワークです。

そのためには、歪んでしまった”息の通り道”をまっすぐしなければなりません。

 息の通り道をまっすぐするためには、歪んだ骨格をととのえ、
ずれてしまった身体の中心 心の中心 脳=思考の中真ん中に戻さなければなりません。

その真ん中がどこなのか実は、私もまだ探し中です。

何年も何年も、そう思い取り組んでいても、まだ探しています。だって、


真ん中の点は精密に感じれば感じるほど小さくなっていきます


私の真ん中は前にもあったし、今もあるけど
もっと大きかったかもしれないし、その位置がずれてたかもしれない。

だけど、こうやって身体探索に取り組みながら、実人生での自分の課題に取り組んでいると
その点がね(笑) もうシャーペンの芯ぐらいの点にまでなっていて、
でも、まだ自分の身体、ココロ、脳への認識が、甘いな、って思うし、
実人生で、そう思わせることがやってくるのです。

だから、必然的に、知らなかったことを知り、わからなかったことをわかろうとし、
カラダ的に、ココロ的に、意識的に、できる限り微細になっていきます。
そしても微細になればなるほど、なんだかわからないけど幸せ指数がふえて、
自分が豊かになり、この世界と仲良しになり、誰かを幸せにする力が増していくように思います。


そのことを、私は自分の”内宇宙”を広げる、と言っています。

だから

P.M.B.は自分の内宇宙を広げるためのワーク 

でもあるのです。

そして、本当の真ん中が見つかった時、人は死んでしまうんじゃないかな
星になるんじゃないかな、なんて思ったりします。


そう思うと、

この世界で生きるってことは自分の星になるため

なのかな、と思えてきます。

シュタイナー教育でいえば9歳、親との分離を体験し、たった一人でこの世界に立ち
心がつかまえるかすかな光をたよりに、あっちをさまよいこっちをさまよい
けれどもどの光も、つかまえては消え、つかまえては消え、けして自分の物にはならない

だから、最後は自分が光になるしかない、って思ってしまう。(私は、そう思いました)
でもまだ、光になりきれてない部分がある。その光になりきれてない部分が自分の人生に陰となってあらわれ教えてくれる。

その陰に光をあててあげたくて、身体の中をあっちこっちさぐってみては、
”あ、こんなところがあったんだ・・・・知らなかったよ。あの頃の私がここにいたんだ・・・知らなかったよ。”って やってあげる。 ”あ、あの子もこんな気持ちだったかもしれない”って人間がわかる。

それは思考や、ましては自分以外の他人にはできないことなのです。

だって、どこまでいったて思考は身体から生まれる。
だからいつまでたっても思考は身体の子ども。

そして”自分の星になる”ことは自分にしかできない、ってことぐらい
みなさんはおわかりですよね。

あなたの身体に起こっている事、起こった事は”あなた”にしか癒せない のです。

けれど、自分の事は自分では見えない。ましてや


本当に”わかる”変わる”ということ

は、今までわからなかったことを”わかり、変わる”ということなのですから、
何かが”わかる”まで、わかってないことすらわかってない、つまりは、
カラダ的には、今の自分では想像もつかないカラダがあり、
それがわかった時には、今の自分では想像もつかなかった世界を生きる事になる。

そういう”カラダ”がある。

だからこそ実人生の一見ままならないような出来事があり、
時には専門家の自分以外の人の助けや、学びが必要となるのです。
そうなることをサポートするのが、脳と身体と意識のボデイワーク P.M.B.なのです。

長くなりましたね。読んで下さってありがとうございます。


では~パーキンソン病と診断されたNさんのケース~ ご覧になってください



願わくば、私よりももっと専門知識のある方、もっと身体の事、人間の事を知りたい方が
この方法論とそこに宿る”考え”を学ばれて、あなたの場所であなたの光がより輝きだすことを
求めています。

Physical method for being 現在、養成講座第2期生を募集中です。

遠方の方のために、スカイプ講座や、短期集中の講座開催も可能です
ご興味のある方、ご質問がある方、また、個別セッションに興味のある方もyumiko@physicalmethod.com まで、お気軽にお問い合わせください。







PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る。 

全てのものは身体から生まれ、身体の中に答えがある。 


 本当に変わりたいなら 


 ”基礎ポジション”を変えるのです。 


 
”PHYSICAL METHOD FOR BEING" 

 お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

0 件のコメント: