2016年11月15日火曜日

ダメなまま、ただやればいい~養成講座第2期第一回目より~

ダメなまま、ただやればいい

    ~養成講座第2期第一回目より~


”呼吸しかないんだ”


ここ最近のマイワークでつくづく思う。

その素晴らしさ、ミラクル・・・


そう言えば聖書に書いてあるじゃないか

”神様は鼻に息を吹きかけられた”って


なんでそこに気づかなかったんだ・・・

それこそが命の源泉、生きる事じゃないか


”まっすぐな息の通り道”を身体の内に作る

そうやって進めてきたマイワークを

やればやるほど

骨格は空洞を作るためにあり

その空洞は息を通すためにあり

すべてが中心にむかっているのがわかる。


その空洞は、

みなさんが思い浮かべるほどアバウトではなく

土踏まず、

股関節の付け根と恥骨と坐骨たちが作りだす

シークレットデルタゾーンからおへそと腰椎の間

肩胛骨と肩甲骨の間にある背骨のライン

鎖骨に向かう頸椎=喉の中

眼、耳、鼻を結び蝶形骨の下から喉の奥に流れるライン

そしてぽっかりあいている蝶形骨の下の空洞達が

中心の部分として

ある部分の中心に、

見事に

見事すぎるほど見事に点在し

まあるい世界の全てを

自分の中心にとりこむようできている。

(と、今の私は感じている)


養成講座第2期初回2日間スタート


4月から始めた養成講座第1期で手ごたえを感じ

さらにスタートした第2期生2名の方との初日。

お二人ともWS、個人セッションで

すでにP・M・B・の三つの基礎ポジションはお伝えしてあった。


まずは、それを思い出すところからスタート。


ところが、それぞれにそれなりのようで異なり、

で、この異なり、から、

その人が何を見ていて、

その人に何が起こっているのかがよくわかる。


一人の方は、

一見よくできているようにみえて

ある領域を全く使っていない事がわかる。

そこで、そこに息を入れるようお伝えする。


”どうしても入れたくないみたい・・・・”

しばらくしてその人が答えた。

そうだよね・・・


その人は、ちゃんと息をすっていても

どうしても自分の感情領域を使う事=

胸の奥の部分は通さずに呼吸している。


それはまさしく、感じないで生きようとしている事、と同じだ。

感じないでイキル・・・

何のために?

それは生きている、といえるのか・・・


そこで、口に中の感覚に意識を向けるワークをしていく

”わあ~、いやがってる”

その人は言った。


でも、そこまで感じ取れる、というだけでも

このワークの価値はある。


口の中の感覚は一番原始的な感覚


だから、理性的に生きようとする人ほど

そこを使う事を拒否する。


”うん、でもがんばってやってみて、

 だって、ほら、こんな感じ、楽しいよ。

 どんな感じがする?”

と、一緒にやる私。


”はい・・・・・・

 ・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・”


”どう?”


”・・・・

 やわらかい・・・・

 気持ちいい・・・・

 楽しい・・・・

 
 やめられな~い!!”


”ね、私たちの身体ってこんなにやわらかいんだよ。”


 ”気持ちいいでしょ”

 大笑いの私たち。


 そうして、私たちはペコちゃんのごとく

 下で唇や口の中をなめまわし

 しあわせになり、

 胸の領域はあっという間にほどけていった。


 もう一人の人は

 もっと、もっと奥が固く閉ざしている。

 同じ事をしていても

 似ていて異なり。


 何がそこまで自分を使う事を拒絶しているのか

 ここまでくれば、ゆっくりとその思考のもとを探るしかない。


 私の見解からすると

 自分を使わず何かをする、何かをしよう、という事は

 ある意味では、

 自分じゃないものになろうとしていることだし

 自分以外のものを信じていることだし

 自分をダメだとおもっていることでもある。


 でも、そしたら

 自分はどこにいくの?
 
 ダメでもよくても

 この世界で唯一無二の

今の自分は、いったいどこに存在するの?



それはあまりに悲しい行為だ。

自分に対する虐待だ。


だから、何がそうさせるのか

お互いがその根源を見つけ出せるよう

ゆっくり丁寧に話す。


その人はポロポロポロポロ涙を流しながら

小さい頃から泣き虫だった事

お父さんやお母さんが願っている事が

うまくできず、

というより、それとは違う事を自分は願っていて

だけど、それが何なのかもわからず

言葉にもできず

ただ泣いていたような自分を想いだし

泣けば、学校では笑われたり、

家では叱られたり…の日々を思い出し、

だから、

自分はそんなんじゃない、と

自分なりの大事なものに向かって歩み、

そんなんじゃない自分を確立しようとあがき

でも、そんなんじゃない自分は

どこにもあてはまらず、

そんなんじゃない自分をなんとかしたくて

今、ここにいる・・・・


そんなんじゃない自分は何もできない・・・

だから、なんとかしなくっちゃ・・・そんな感じだった。


そんな話を聞いていくうちに

私はニッコリ、あ~そうかと思った。

だから言った。


”そのままでいいんだよ”


そんなんじゃない、というのはもういらなくて

そのままの自分、

何もできない自分

泣き虫な自分、

よくわからない自分、そのままでいいの

そこに何の問題もない

だから、

そこを何とかしようとは思わないで

そんな自分が何をしたい?

そんな自分でも何をしたい、って思う?

そこを一生懸命しよう。


だって、今一番かわいいよ。

さっきまでの

なんかわからないものを信じて

がんばっているあなたより、

今の、そのままのあなたが、とってもかわいい

だから、そのままで

なんでもやれないいよ。


そうするうちに

泣き虫でも、もっと強くなる、がんばれる。


かっこいいじゃん

泣き虫の殺し屋”ニキータ”見たい(笑う)


そう、”ニキータ”という映画の主人公は

とっても泣き虫な殺し屋

ポロポロポロポロ泣きながら

人を殺していく


確か、リュックベンソン?の映画


本当にいいアーテイストは

時代を予見する。


だから、問題なのは

自分ではなくて、

自分がそこ、

何か心底、

自分のやりたいことをやってないこと、

に問題があって、

それがわかれば、今すぐやればいい

それだけの話だ。


すると、

突然、話を聞いていたもう一人の人が

”そうだったんだ・・・”

ポロポロの二乗をこえ

泣きだした。


?????

”どうしたの?”と私


”あ、はい・・・そうだったんだ、って

 私のやるべきことは、

 今すぐ、それをすることだったんだ、って
  
 ただそれだけだったんだって・・・

 今、わかりました。


 今まで、それをするためには、

 oooにいって、もっといいものを仕入れてとか

 もっと、自分をとぎすませて、とか

 そんなことばかりやってたけど

 違うんですね。


 あるもので、

今の自分で、

今すぐやる。

 
 そうすれば、

 いつかoooにいけるかもしれないし、

 いけないかもしれない

 でも、そんなことはどっちでもいい

 ただ、やりたいだけだから・・・

 それで、やっていくことで、

 自分もかわってくる。

 ただ、それだけだったんですね・・・・


 全然違うところに立っていました・・・・。


”このワークは、私を全く違うところに立たせてくれた”


と気づかせてくれました。


そう、いつからなんだろう・・・

多くの人が、

やらない理由

できない理由を

自分、にもってくるのではなく

前世だの

親だの

はては

自分は宇宙人だの

とにかく、

あるとあらゆるものにもってくる。


ご縁あってかかわらせていただいている

パーキンソンのNさんの場合だったら

筋力がない、とか、

鼻呼吸できない、とか、


でも、どれもこれも

そう思うなら

ただ、それをやればいい、

それだけの話だ。



私の場合で行くと

歌いたいなら

どこでも歌えばいい、だけの話。


おかげで

私の子どもたちは

私の歌がトラウマだと言っている(笑)


ごはんをつくりながら、

車を運転しながら

歩きながら

ただ、私は歌い、何が違うんだろう

どうすればいいんだろう、

と身体を探っている。


ただ、それだけの話しだ。


そう、

あなたのしたいことは、

例え、どんなあなた、でも、

どんな状況でも、環境でも

いつでも、どこでも、で・き・る・のです。


そこまで考えを落とし込んでいく


それが大事で、それしかないのです。


だけど、私のワークはスペシャルだから、

最後この世界とかかわっていく立ち位置を

明確に図として

みなさんにお伝えしこの日のワークは終えました。


その図を見た参加者さんは

はあ~これで腑に落ちた。

もっとはやくしっておきたかった。

誰も、この事を教えてくれなかった、と言ってくださいました。


このブログの最後は

そんな参加者さんの感想を動画でアップしておしまいにします。

また、11月20日までなら

養成講座第2期、お互いの予定をするあわせ補講をし

合流可能です。

興味のある方はご連絡くださいね。




















あ、そうそう。

あわせて最近NOTEをはじめました。

そこに、養成講座の講義内容をアップしています。

第1回目は、

もう絶対本にしたかった、

ミラクル結実子のミラクル発見をお話しています。

こちらもぜひ、ご覧下さい。

NOTE クリエイター部門 ミラクル結実子 

⋆NOTEはクリエイターサポート機能があって

 アーテイスト ミラクル結実子をサポートすることができます。

 日々、子育てしながら身体探索し、虎視奮闘するミラクル結実子を

 ぜひ、応援してやって下さいね。


PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る。 

この世界の全てのものは身体から生まれ、 あなたの身体の中に答えがある。  

あなたが本当に変わりたいなら ”基礎ポジション”を変えるのです。 

”PHYSICAL METHOD FOR BEING" 

 お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

0 件のコメント: