2016年11月18日金曜日

あかん、みんなひっくり返ってく・・・さよならミミズくん

あかん、みんなひっくり返ってく・・・さよならミミズくん


自分の身体が知らない世界

2016.11.17 マヤ歴 天と地の柱 勇気の日

パカッと、自分が会ってみたかったという人に

お会いすることができた。


昨日まで

そんな人がこの世界の存在することも知らなった。

ただ、いろんな意味で

今、自分がやっていることの先に

こんな風にカラダをとらえ

こんな風な身体になり

こんな風に仕事をし

こんな風な立ち位置で

こんな風に生きていたい、

と思い描いている、そのもので

すでに生きていて活動されている方だった。


そんな方の存在を知り

その翌日に生でお会いできた喜び。


具体的には

身体がもう次の次元にきたことを

感じていた私は、

さあこの先、今のやり方で

何もよまず、学ばず

自分だけで探索する、というやり方で

やったことのないこと,

例えば身体的に

バレエの人のように足が上がる、とか

跳び箱も跳べない、側転もできない私が

できるようになるのだろうか?


できてもできなくても

そこに大きな価値はみいだしていないけれど

その身体観は、

私には、まったくないもので

例えば側転まではいかなくても

足を上げるとなると

寝ている時や座って居る時、

縦のラインなら

どこまででも行けそうな感じがするけど

横のラインや立ってやる時には

どうしても足に重さを感じ、

その先は

自転車に乗れない子どものように

今の私の知らない世界、という気がして

その世界を知らずして

身体探索家といえるのかどうか・・・

そう思うと

側転だって

このカラダが空中でひっくり返る、

というのは、

もう未知の感覚で

その感覚を知っているのと

知っていないのは

違う世界にすんでいる、に等しい事に思う。


同じ人間なのに・・・。


そんなことを

心のどこかで想いながら

そろそろ

誰かに何を学ぶ、とという事をしてもいいのかも、と思い始めていた。

今なら、学んでも役に立つ。

それは歌にも同じ感じを持っていて

なんか、今の私で想像できない立ち位置に

歌うということ、が存在していて

そこもやっぱり

そろそろ誰かに習ったほうがいいかも

と思いながら

でもな・・・

私うるさいからな。

ピュアにそのことだけ学ぶってことできるかな・・・

私にぴったりの人がいれないいのになあ・・・


それ矢先

全然別のことでネットを検索していて

その方を知り、

身体の世界はこの人かも、と予感し

いつかお会いしたい、ぐらいにあさめていたものが

トントントンとその翌日

お会いすることができた。


しかも、今まで知りもしなかった

とても美しい世界をつくりあげるダンサーさんと一緒、という

オプション付きで・・・・


身体については

あっさり

その方から

”それは解剖学的なとらえ方で

 あなたがやってみたいことを

 私は、簡単に教えることができるけど

 あなたは、あなたのやり方でやったほうがいい

 そういうことをやっているんでしょ。

 そういう人はいっぱいいるよ。

 私とは違うけれど

 みんな、自分の方法論でメソッドをつくってる。

 そこは、あなたのやり方でみつけてほしい、って思う”

 と、聞いたことのあるメッソド

 聞いたことのないメッソドの名前とともに話してくれた。


 それから、身体の事、考え方、今思う事、人生、

 いろんなことを話した。


 完璧・・・・

 そんな人が、この世界に実在するなんて・・・

 ご本人さんは迷惑かもしれないが

 ただただ、そう思う私・・・


 帰り道

 まだまだ、ぜんぜんだな・・・

 やっぱ、この先は何かを学ぶ、ってことも必要かな

 何にも知らなさすぎるよね、私・・・

 なんか、井の中の蛙みたいに

 自分発見に一喜一憂して

 もうその世界をすでに生き、

 その上で、身体、考え方、生き方、を

 切磋琢磨している人がいるのに・・・

 全然次元が違いすぎる

 
 でも、そういう人に会えた喜び、触れられた喜び

 
 そんなものを持ちながら家につき

 とにかく今日は寝よう。。。と思った


 そう思いながら

 ふ~ん、解剖学的に簡単なんだ・・・・

 ふ~ん、なんで立って、やったことないことやろうとすると

 重たくなんのかなあ

 なんか、今までと全く違う感じがするなあ


 そこで昨夜発見しった

 蝶形骨の向きが思っていたのと逆だった事

 そこから思いつく

 ”歌”という、その物の思い方

 歌い方の変化

 いろいろ試しながら、


 この感覚、なかった・・・

 この感覚、そのものが

 ”歌う”という行為そのものを

 振り返させられ


 これが”歌”なのかも、

 とか、

 おもしろいおもしろい、とひたすらあれこれやり


 うん?もしかして

 身体もそういうことかも・・・と思う。


 身体が脳で、脳が身体で・・・


 とすると、今迄は

 妄想の中の身体ではなく、

 実在の身体を具体的に認識することで

 結果として

 創造力が羽ばたき、進化の過程や

 マンダラ、または、その人の見えない世界が

 イメージできるようになった。


 蝶形骨は逆をむいていた。

 あそこに

 創造の世界があり、

 物事を具現化していく


 とすると逆もあり、かも・・・


 はじめに創造物がある

 すると身体がそれについてくる


 うん?うん?うん?

  
 解剖学的に可能と言っていた

 
 解剖学的に可能なんだ・・・


 やってみた。


 できた!!


 え?


 なに?

 
 アスリートは創造力から生まれてるの!!


 
 
 脳から=創造力から

 身体を使ってみた


 軽い軽い~~~~!!


 うん?うん?うん?


 そうだよね、

 思えば身体はすぐそうなる
  
 そう言っているじゃないか私は・・・


 やったことのない事は怖い

 自分がひっくり返るなんて想像もつかない

 自分の脚が頭まで上がり、脚で身体を支えてる

 なんて、想像もできない、

 大変そう、重そう、あの人と私は素材が違う

 私は不器用

 私は音痴

 
 全部私からはじめてる


 私から始める時ついてくる

 いろんな考え


 才能、

 努力、

 できない人ができるようになるまでが大事

 いろいろいろいろ・・・


 そんなもんすっとばして

 創造力からはじめてみる


 やりたい

 やりたい

 立ちたい

 立ちたい

 自転車のりたい

 自転車のりたい


 全部同じじゃないか!!

 創造力に身体を従わせるんだ


創造力に身体を従わせるんだ
 


すべてがひっくり返り

多分、私はやっと、土から出た。

そう、生まれて初めての土からの脱出。


ようやっと私はミミズではなくなりました。

さよなら、ミミズデイズ。

愛しのミミズデイズ。


この土の中に、

私の宝物が根源があるのですね。


「アホロテトカゲ」の画像検索結果
















⋆これはアシナシトカゲというらしいのですが、トカゲくんなのに

 なぜだかまた土に戻りミミズのようなカラダになりくらしているのだそうです。

 暮らしぶりはミミズ、でもカラダはちゃんと背骨も手も眼もあるのです。

 ミミズの写真をさがしていたら、この子をみつけ
 
 ミミズだと思い写真を使わせていただいたら、

 敬愛するアニマンダラの天海ヒロさんから

 これはミミズではないんだよ、と上記の事を教えてくださいました。

 まるで、人間に生まれたのに、ミミズのように自分の世界の中からしか

 世界を見れていなかった私を象徴するようですね。
 
 52歳でもここから始めます(笑)

 上記のように



これで全部が符合し始めた


夕方の暗い中

小学校のグラウンド

キックボールの練習

ボールを受け止める事なんて

何回やってもできない私

八百屋のおっちゃんが

もう一回

もう一回

何度もボールをけってくる

”よし、今度こそは絶対取る”

ものすごくそう思った。


ボールが暗闇を飛んでくる

”よし、今度こそは”

”よし、今度こそは”

そう思いながら

ボールの下まで走る私


とれた!!


暗闇からおっちゃんの声がする


”わり、わり、*注 ごめん、ごめんの和歌山弁


 おっちゃん失敗したわ・・・・


 あれ~おまえ、とったんか?”


たった、それだけで終わった一コマ

多分、おっちゃんは覚えてもいない一瞬のできごと


でも、私は覚えていた。


だって、凄い遠いところに飛んできた。

必死で走った。

自分でもとれるなんて思えなかった


なのに取れた。


そして、それはそれっきりで

その後の私は

あいかわらずボールが飛んできてもとれない私

キックボール万年補欠の

運動音痴、運動神経ゼロの私だった。


でもずっと、不思議だった。


あの時なぜできたのか

あの時はできて

他の時にはできない、ということが

不思議だった。


そのできごと

私の人生で、たった2,3個しかない

私の成功体験だけをたよりに

なぜ?

なぜ?

なぜ?

なぜ?

そうできる時と

できないときがあるのか

そこが不思議で、ずっと身体探索してきた。


そしてやっと、わかった。


思えば、身体はすべてそこにむかって準備する


その通りなのだ。

それだけなのだ。

そうならないのは

それを邪魔する余計な考えが身体にあるからだ。

そういってたじゃないか私は

それが身体のミラクルだって


なぜ、あれとこれ、

それとあれを分けて考えてしまうのか・・・

自分でも気づかないところに

まだまだそれがいっぱいあるのだ。


不器用、不器用と思いこんでいた私は

幼少期から

そんなものをいっぱい持っていたんだ。


それは

多分、我が家に流れる

特に母方に流れる

考え=霊的なものと、

もって生まれた私の何かが符合してできたもののように思う。


だって、私は立てたのだ。

だから、なんだってできるはずだったんだ。


でも違ってた。


現実にいろんなものを持ちすぎてしまった。


そして今、

その持ちすぎていたものを

ひとつひとつ取り払い

どうしても超えれなかった壁をこえようとしている。


どうしても超えれなかった壁は


思ったことはすぐにできる。必ずできる。

できない時は、そう思っていないから


それを信じて生きるのか生きるのか、

そこにつきる気がしている。


同じくして

私の人生、子どもたちに起こった事

起こっている事にかんしても

出せないままの答えを今出しました。


息子君、

君の願いはすべて叶うよ。

お母さんはそこに向かって生きます。


あ~~~。

2016.11.17 マヤ歴 天と地の柱 勇気の日

突然の友達申請にすかさず

会える時間をつくってくださったその方に

(お名前をだしていいのかどうか

 わからないので控えておきます)


そのめぐりあわせを作ってくださった

大いなるものに

多分、

今は亡き父に

心から、ありがとうを送ります。

最後に

その身体のミラクルシステムを話している動画は

こちらにあります。

ミラクル結実子 NOTE  限りなく本当の身体の話

興味のある方はみてくださいね。


WS,養成講座、個人セッションのご案内


⋆12月1日 11時~13時 大宮 高崎コミュニテーセンターにて

 ”基礎ポジションからの変容” WS開催いたします。

 WS後は、個人セッションのご予約も承っています。


⋆ Physical method for being 養成講座 まだ若干名申し込みを受け付けています。

 ⋆現在の日程でご都合が悪い場合、または 遠方の方で、まとめて受講されたい方、今なら

  1か月間 宿泊料金一泊2千円で 講座スケジュールをそれぞれ組むことが可能です。


 養成講座受講者の感想動画はこちらをどうぞ


⋆ 個人セッションご予約 11月の空き状況は 11月23日(水 祝)

                             11月24日(木 )のみ
                12月の空き状況は 12月 ㏡ (金)
                             12月 3日(土)
                             12月 7日(水)
                             12月 9日(金)
                             12月 10日(土)
                             12月 11日(日)
                             12月 16日(金)
                             12月 17日(土)
                             12月 21日(水)

                             時間 13時∻21時 それ以外は要相談
                             *出張可 受け付けております。
上記のお問い合わせ、申し込みは

お問い合わせ先 左をクリックして できればご希望3日まで書いてご連絡下さい。


ではよい一日を・・・・



PHYSICALはMENTALを作りMENTALがPHYSICALを作る。 

この世界の全てのものは身体から生まれ、 あなたの身体の中に答えがある。  

あなたが本当に変わりたいなら ”基礎ポジション”を変えるのです。 

”PHYSICAL METHOD FOR BEING" お問い合わせ yumiko@physicalmethod.com

0 件のコメント: